留学ではクレジットカードが必須!-当サイトの目的-

当サイトでは留学に役立つクレジットカードを紹介しています。現在海外留学を考えている方のために役立つ情報もまとめています。

 

まずは1枚だけでも問題ありません。さっと作っておくと海外で重宝すること間違いなしです。海外留学中こんなシチュエーションでクレジットカードが色々な場面で役に立ちます。

 

役立つ場面の一例を下記にまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

 

海外でのショッピングが便利

海外のほとんどの国、ほとんどのお店でクレジットカード決済をすることができます。もちろんカードがなくてもショッピングをすることができますが、海外ではクレジットカードやデビットカードでの支払いが一般的です。慣れない通貨で支払うと間違ってしまったり、ストレスが溜まってしまったりしてしまいます。カードがあればいつでもスムーズなお会計を行うことが可能です

 

また、現金を持ち歩かなくてよくなるので安心感が違います。海外は日本のように安全ではなく同じ気持ちでいくと痛い目を見ます。クレジットカードであれば不正利用に対して補償がついていることがほとんどでリスクを大きく軽減することができます。また、カード利用金額に応じてポイントを貯めることができますので、現金払いよりもお得です。使いすぎにさえ注意しておけばデメリットは気にしなくても良いでしょう。

 

オンラインショッピングで便利

海外に中期・長期で滞在しているとオンラインショッピングを利用する機会も出てくると思います。もちろん海外でもアマゾンがあります。日本にいる時と同じ感覚で買い物をすることができます。

 

学校にアルバイトに忙しくなると思います。通販なら自宅にいながら必要なものを揃えることができるので便利ですよね。

 

クレジットカードがあればオンライン決済が可能です。無駄な手間がかからずスムーズにショッピングができます。授業で使う重い書籍もオンラインで購入すれば便利です。

 

海外のATMでキャッシングができる

キャッシング枠付きのクレジットカードであれば、海外のATMでいつでも現金を引き出すことができます。

 

あまり知られていませんが、実は空港で日本円を両替するよりもクレジットカードでキャッシングをする方が手数料的にお得なことが多いのでおすすめです。

 

必要な時に必要な金額だけ外貨を引き出せば、盗難・紛失のリスクを減らすこともできますね。

 

海外旅行傷害保険がある

短期留学の場合であればクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険が便利です。十分な補償内容になっているので、別途保険に入るよりもクレジットカードを1枚持っておく方がお得ですね。

 

ただし、ほとんどのクレジットカードの保険適用期間は90日間となっているため長期留学では十分ではありません。長期間の回外滞在の場合は必ず民間の旅行傷害保険に加入するようにしましょう。

 

ホテル宿泊やレンタカー利用時に必須

海外ではクレジットカードはデポジットの代わりに使われることがあります。もしクレジットカードを持っていなければ、現地通貨での多額の保証金を求められます。

 

保証金なので宿泊代やレンタカー返却時に戻ってくるとはいえ、一時的にも現金が手元からなくなるのは心もとないですよね。

 

 

留学におすすめクレジットカードランキング【2017年度】

 

三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAクラシックカードA

◎ 銀行系カードで高いステータス

◎ 海外旅行傷害保険付き

◎ 最短3営業日発行

△ 年会費1,350円が掛かる

 

三井住友VISAカードは、VISAブランドの確固たる地位を確立しているクレジットカードです。

 

高い信頼性で、海外でも安心して使用することができます。最短3営業日での発行に対応しています。急ぎでカードが欲しい方にもぴったりです。

 

ゴールドカードやプラチナカードの発行もしているので、一生付き合っていける一枚です。海外旅行傷害保険も手厚く最高2,500万円となっています。

 

年会費1,350円が掛かります。ただし、マイ・ペイすリボへの登録でカードを一度でも利用すれば無料になります。

 

>>>>>詳細はこちら

年会費 国際ブランド ポイント還元率 疾病・傷害治療費用
1,350円(税込) *1 VISA、Mastercard 0.5%〜 最高100万円

*1 マイペイすリボに登録して、カードを利用すれば年会費が無料となります。

 

エポスカード
エポスカード

◎ 年会費完全無料

◎ 自動付帯の海外旅行傷害保険付き

◎ 最短即日発行に対応

△ ポイント還元率0.5%と平凡

 

エポスカードは年会費永年無料のクレジットカードです。エポスカードはあまり目立たないカードです。しかし、実はとてもスペックの高いクレジットカードになっています。

 

留学ではあまり意味がありませんが、ETCカードも無料で発行することができます。疾病費用最高270万円、ケガ治療費用最高200万円と全てのクレジットカードの中でも充実した補償内容は素晴らしいと言えます。

 

最短即日発行に対応しているので、緊急でクレジットカードが欲しいあなたにもおすすめです。留学まで時間がないという方でもすぐに受け取ることができます。土日祝日にも対応しているのは嬉しいですね。

 

>>>>>詳細はこちら

年会費 国際ブランド ポイント還元率 疾病・傷害治療費用
永年無料 VISA 0.5%〜 最高270万円*2

*2 ケガの治療費用は最高200万円となります。

 

楽天カード
楽天カード

◎ 年会費完全無料

◎ 利用付帯の海外旅行傷害保険付き

◎ ポイント還元率常時1.0%以上

△ ステータス性は高くない

楽天カードは、10秒に1枚発行される超人気のクレジットカードです。VISA、MasterCard、JCBブランドから選択することができます。

 

テレビCMやインターネットサイト等メディアでの露出も多く知らない方はいないでしょう。楽天カードが強いのは楽天市場だけではありません。ポイント還元率が常時1%以上で海外でのショッピングでもお得です。もちろん海外でのショッピングに対してもポイントが付与されます。

 

さらに疾病・ケガの治療費用最高200万円付帯されています。利用付帯となっていますので、航空券等の支払いを必ず行いましょう。

 

>>>>>詳細はこちら

年会費 国際ブランド ポイント還元率 疾病・傷害治療費用
永年無料 VISA、Mastercard、JCB 1.0%〜 最高200万円
 

留学用クレジットカードを選ぶときのポイント

留学用にクレジットカードを作るときに考えると良いポイントを解説しています。もちろん最終的にはあなたの好みで決めて問題ありません。

 

しかし、クレジットカードは種類が多く悩んでしまうかと思いますので、是非参考にしていただけると嬉しいです。

 

年会費

年会費は安ければ安いほど持ちやすくなるのでクレジットカードを選ぶ際の基準にしていいと思います。ただし、年会費が高い程付帯サービスが充実していると言えます。どの程度まで許容できるかを考えて検討することを推奨します。

 

一般カードであれば、だいたい1,500円程度の年会費が多くなっています。中には年会費が永年無料のものや条件付で無料になったり、割引されたりするカードもあります。学生の方は無難に年会費無料のカードを選択すればいいと思います。

 

国際ブランド

海外でクレジットカードを使用するのであれば、VISAまたはMasterCardブランドをお勧めします。理由は簡単で世界中で加盟店が多く、この2つのブランドであればほぼ使用する場所が限定されないからです。

 

一方、日本発祥のJCBやステータス性の高いアメックスやダイナースブランドは使用場所が限られてしまうため使用勝手が悪くなります。

 

複数枚もつのであればいいと思いますが、そうでないのであればVISAとMasterCardを選択するべきです。せっかくなら利便性を重視した方が良いですね。

 

ポイント還元率

クレジットカードと言えばポイントで得したいと考える方もいるでしょう。クレジットカードの魅力のひとつであるポイント還元率は高いに越したことはありません。

 

海外留学では、家賃、教科書、食費、光熱費、旅行費等色々な出費があります。これらをクレジットカードで支払うことができれば、かなりのポイントを貯めることができます。

 

海外旅行傷害保険

短期の語学留学や旅行の場合、クレジットカード付帯の旅行傷害保険は重宝します。注目すべき点は、利用頻度の高い疾病・ケガ治療費用、携行品損害の金額です。

 

クレジットカード付帯の保険は通常適用期間が60日〜90日に限定されているため、長期の留学には使用することができません。

 

発行期間

留学まで時間がないけど、クレジットカードが欲しいという方には発行期間が重要になると思います。クレジットカードの中には、最短即日発行に対応しているものもあります。

 

申し込んだその日にクレジットカードを受けることができます。急ぎの方は是非発行期間に注目してくださいね。

更新履歴