留学先ではクレジットカードでキャッシングがお得

留学先ではクレジットカードでキャッシングをして現金を引き出すことをおすすめします。

 

クレジットカードにキャッシング枠を設定した場合、海外のATMでいつでも現地通貨を引き出すことができるのです。

 

ATMは日本と同じように街中にたくさんあるので、必要な時に見つけることができなくてお金を引き出せなかったということはないでしょう。

 

海外留学に行く際にはキャッシング枠をつけておくことをおすすめします。

 

あるのとないのでは生活の便利さが全く違います。

 

学生の方の場合でもアルバイトをしていて収入がある方であれば、申し込み時にキャッシング枠をつけることが可能です。

 

ただし計画的に利用するようにしましょう。

 

絶対返済できない金額を借りてはいけません。

 

あくまでもキャッシング=借金であるという認識を持つことが重要です。

クレジットカードでのキャッシングのメリット

いつでも好きなときに下ろせる

クレジットカードでのキャッシングには様々なメリットがあります。

 

ATMがあれば24時間いつでも好きな時に現金を下ろすことができるので、緊急時にも対応することができます。

 

電車代、食事代等小額のお金が必要なときにも便利です。

 

コストが低い

まずクレジットカードでキャッシングをした時には、為替手数料がかかりません。

 

うまく使えば、現金を持っていくのに一番お得な方法なのです。

 

かかる費用としては、キャッシングの金利とATMの引き出し手数料(100円〜200円程度/1回)のみとなります。

 

クレジットカードは、他の現金引き出し方法に比べても最もお得なキャッシング方法だと言えます。

 

安全性が高い

いつでも必要な分だけ引き出すことができるので、安全性が高くなります。

 

スリや盗難が日本に比べてはるかに多い海外では大金を持ち歩くのはおすすめできません。

 

大きめの買い物をする時に随時引き出す形にしたり、クレジットカードで支払うことでセキュリティ面も安心です。

クレジットカードでのキャッシングのデメリット

キャッシングはいいところばかりではありません。

 

デメリットとなる部分もしっかりと理解した上で利用するようにしましょう。

 

キャッシング枠の範囲内に限られる

キャッシング枠でしか現金を引き出すことができません。そのため、滞在費、学費等で多額のお金がいるときは海外送金サービスと併用する必要があります。

 

金利がかかる

クレジットカードを使って現地通貨を引き出した場合、当然お金を借りていることになるので金利がかかります。

 

それは早く返せば返すほど、安くなるので、借りたら次の支払い日で全額返済するようにしましょう。この方法は日本に現金がある場合に利用できますね。

 

短期留学の場合であれば、次の支払日が来る前に繰り上げ返済をすることでより金利を抑えることが可能となります。

TOPページに戻る