イギリス留学について

イギリスは人気のある留学先の一つです。ブリティッシュ・イングリッシュを学ぶことができます。建物が独特で歴史があります。また、ビートルズ等音楽も評価が高くなっています。気候は日本に比べると寒く、晴れの日が少なくなっています。

 

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学、大学院留学等様々な学習スタイルから選択することができます。特に最近はイギリスの大学院留学が人気です。なぜならアメリカや日本とは違い一年間で修士を終了することができるからです。時間の限られた社会人の方は必見です。教育レベルも高く、ほとんどの大学が国立です。

 

イギリス留学でクレジットカードは必要!?

イギリスはクレジットカード社会なので、イギリス留学には必ずクレジットカードを持っていくべきです。日常生活のあらゆる場所で、クレジットカードを使う機会があるでしょう。

 

公共の乗り物

ロンドンの地下鉄(Tube)ではクレジットカードで切符を購入することができます。また、日本のSuicaのようなOyster Cardもあります。これもクレジットカードでチャージすることができます。

 

Oyster Cardはバスでも使用することができますので、長期滞在する予定の方は作成しておくのがおすすめです。

 

タクシー

タクシーではクレジットカードを使用することができません。現金のみでの支払いとなりますので、事前に現金を用意しておく必要があります。

 

スーパー・コンビニ等

Tesco、Sainsbury's,、Iceland、Marks & Spencer等がイギリスの有名なスーパーとなります。どの店舗でもクレジットカードで買い物をすることができます。

 

セルフレジを使用する時はICチップが搭載されているクレジットカードの使用をおすすめします。

 

ファストフード店

マクドナルドやバーガーキング等の店舗がありますが、日本とは異なりクレジットカードで支払いを行うことができます。

 

美術館

イギリス・ロンドンの美術館の多くは無料となっています。大英博物館、ナショナルギャラリー等有名な博物館は無料なので、お金をかけずに鑑賞することができます。

 

デザイン・ミュージアム等一部入館料が必要な美術館ではクレジットカードで支払うことができます。

 

遊園地

Alton Towers (オルトン・タワーズ)、Thorpe Park (ソープ・パーク)、Blackpool Pleasure Beach (ブラックプール・プレジャー・ビーチ)等のような人気遊園地でのチケットはクレジットカード決済が可能です。

 

遊園地内の一部食べ物以外ではショップでもクレジットカード決済が可能になっているので、一枚は持っていくといいですね。

 

長期滞在をする方は、イギリスの銀行でデビットカードを作っておくと便利です。イギリスで学生が銀行口座を作れるのは、HSBC、Lloyds等です。パスポート、学生証等の提示で作成することができます。

イギリスでのチップの必要性

イギリスではチップの文化があります。通常食事代金の10%〜15%をチップとして渡します。サービスが良いと思えば20%程度を渡しても良いでしょう。レジの横にチップを入れるケースが用意されていることもあります。

 

また、レストラン以外にもホテルのポーター、タクシーの運転手にも渡すのが一般的です。基本的にファストフード店やカウンター式のパブでは必要ありません。

 

レストランではチップを上乗せしてクレジットカードで支払うこともできなくないですが、いずれのケースでもやはり現金を用意しておく方がおすすめです。買い物をして小銭が増えてくればそれをチップの支払いで減らせばいいのです。

イギリス留学おすすめのクレジットカード国際ブランド

イギリスではVISAまたはMASTERの利用が一般的です。ホテル滞在や高級レストランの利用を考えているのであれば、アメックスやダイナースも使用可能です。

 

VISA ★★★★★

ほとんどのお店で使用可能です。

MASTERCARD ★★★★★

同上。

JCB ☆☆☆☆☆

使用できる店舗はないと考えてよいでしょう。

AMERICAN EXPRESS

★★★☆☆
ホテル・一流レストランで使用可能です。

DINERS CLUB

★★★☆☆
同上。

 

>>>>>留学におすすめのクレジットカードを見る<<<<<