楽天銀行デビットカードが留学に向いている理由

楽天銀行デビットカード

16歳以上であれば作成可能

楽天銀行デビットカードでは勤続先、勤続年数、年収や信用情報に関する審査が行われません。そのため16歳以上であれば高校生でも作成することができます。海外で現金のみで生活するのはとても不便なので、クレジットカードを作ることができない高校生にはデビットカードがおすすめです。

 

現地通貨を引き出すことができる

日本円で楽天銀行に入金しておけば、海外ATMで現地通貨で引き出すことができます。留学中に両親に口座に振り込んでもらったり、ネットバンクを利用して口座に入金をすればすぐに海外で現金を引き出すことができます。

 

セキュリティ面も安心

楽天銀行デビットカードにはクレジットカードのようにICチップが搭載されているので不正利用に強くなっています。さらに利用の度にメールでお知らせが届くので、不審な利用があってもすぐに気付くことができます。

 

盗難補償あり

盗難・紛失によって第三者に不正利用をされた場合、年間最高100万円を限度として、補償されます。現金の持ち歩きよりも安全性が高いと考えることができます。

楽天銀行デビットカードの特徴

利用金額に応じてポイントが貯まる

楽天銀行デビットカードVISAは、利用代金の0.2%のポイントが貯まります。1,000円の利用ごとに2ポイントということになります。

 

楽天銀行デビットカードJCBは、利用代金の1.0%のポイントを貯めることができ、1,000円ごとに10ポイントということになります。

 

JCBブランドは高ポイント還元率となっていますが、海外での使用を想定するのであれば加盟店が多いVISAブランドをお勧めします。

 

利用停止や再開も手軽にできる

楽天銀行カード会員専用のウェブサイト上で、いつても利用停止手続きや再開の手続きを行うことができます。盗難や紛失にあってもわざわざ電話をせずにウェブ上で完結させることができるので便利です。海外滞在中でも簡単に手続き可能です。

 

使いすぎる心配がない

デビットカードは入金した金額を限度に使用することができます。使いすぎる心配がないため、衝動買いしがちな方に嬉しいですね。留学中に無駄な出費を軽減することができます。

 

ネットショッピングで使用可能

デビットカードはネットショッピングでも同様に使用することができます。もちろん、海外のアマゾンやネット通販を利用することができるので、留学中に重宝します。教科書や日用品の購入に一役買います。

楽天銀行デビットカードマイナス面

  • 年会費がかかる(VISAブランドの場合)
  • 楽天銀行デビットカードは、年会費1,029円が必要となります。年会費の元を取るには毎月50,000円程度利用する必要があります。ただ、安全を購入していると考えれば決して高い年会費とは思いません。

     

  • 海外旅行保険設定なし(共通)
  • クレジットカードのように海外旅行保険は付帯されていません。別途加入する必要があります。

     

楽天銀行デビットカードの国際ブランド比較

国際ブランド VISA JCB
年会費 1,029円(税込) 永年無料
ポイント還元率 0.2% 1.0%
海外利用 ◎ 世界中で使用することが可能 △ 国によっては使用することができないお店がある

楽天銀行デビットカードの審査難易度

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

楽天銀行デビットカードは、クレジットカードのような信用情報に関する審査がありません。そのため16歳以上であれば、審査費用で、誰でも作成することができます。もちろん高校生でも作成することができますので、高校留学を考えている方にもおすすめですね。

楽天銀行デビットカードスペック情報

カード発行会社 楽天銀行株式会社
入会資格 16歳以上の方
国際ブランド VISA、JCB
発行期間 約1週間
本カード年会費 年会費 VISA:1,029円(税込)

JCB:永年無料

年会費無料の条件 -
ETCカード年会費 年会費 設定なし。
年会費無料の条件 -
ポイント還元率

VISA:0.2%
JCB:1.0%

旅行保険 海外旅行傷害保険 -
国内旅行傷害保険 -

TOPページに戻る